韓国食材は輸入食品で超人気

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近人気のある輸入食材の一つが韓国の食材です。新大久保は女子高生の聖地と言われるほど大勢いの人が連日詰めかけています。その理由の一つが食べ物で、日本では見たことがなくちょっと変わっているのですが、味はどこか懐かしく日本人にもよく合うものばかりです。例えばモッツァレラ米ハットグには長蛇の列ができていますが、ドーナッツのようなものにモッツァレラチーズが入ったもので、初めて食べても特に抵抗を感じる人は少ないです。ホットクは日本でいうおやきのようなもので、中にあんこ、蜂蜜、チーズといろいろあります。そして、普通の居酒屋などでもメニューに取り入れているのがチーズタッカルビです。プレートの上で鶏肉や野菜を甘辛ソーズで焼き、その上にたっぷりのチーズをかけたもので大勢でワイワイと楽しく食べることができます。

韓国料理は家庭で簡単にできる

新大久保まで行かなくても、家庭で簡単に再現できるのが韓国料理の良いところです。食材を確認して、現物の写真を見るとたいていの人はどのような味なのかがわかり、自宅で作ることができます。韓国独特の食材ももちろんありますが、輸入食品を取り扱っているところなら大体のものは購入することができます。例えばホットクですが、粉イースト菌や小麦粉などがブレンドされ、中に入れる甘いシロップなどもついてセットで購入することができます。作り方ももちろん記載されていますが、フライパンで焼くだけととても簡単で、値段も300円台で販売されています。

韓国の輸入食品の一番はやっぱり辛いもの

韓国の食べ物と言ったら辛いものというイメージがありますが、やはり外すことはできません。辛いラーメンは日本ではあまりないのでとても人気が高いです。インスタントラーメンはお湯の中に乾麺を入れるだけと、日本のラーメンの作り方と変わらないので作り方に戸惑うこともありません。コチュジャンに関しては、日本の調味料ではないかと思われるほどあらゆるところでみかけるようになりました。韓国の鍋のクッパやスンドゥブも冬の日本にはピッタリです。レトルト食品で開ければすぐにできるものあり、輸入食品として売られているので本場の味が簡単に再現できます。韓国の一般家庭で使われているダシも売られているので、レトルトに抵抗がある人は、ダシを購入すればスンドゥブも作ることができます。新大久保まで行けないけど話題の韓国料理を食べたいという人は、輸入食品を購入すれば本場の味が食べられます。

ピックアップ記事

輸入食品のナンバーワン食材はワイン

食品の中で定番は洋酒です。海外旅行に行ったときに美味しい洋酒を購入してくる人は少なくありません。かつてはウィスキーやブランデーなどが人気ありましたが、最近ではワインの方が人気があります。それぞれの旅行...

輸入食品の食材でスーパーフードは欠かせない

スーパーフードは健康食品としてとても人気があります。元はアメリカやカナダで、健康によい成分が一般食品よりも多く含まれているため、少量でバランスの良い栄養がとれる食品として認識されました。そしてハリウッ...

韓国食材は輸入食品で超人気

最近人気のある輸入食材の一つが韓国の食材です。新大久保は女子高生の聖地と言われるほど大勢いの人が連日詰めかけています。その理由の一つが食べ物で、日本では見たことがなくちょっと変わっているのですが、味は...

輸入食品にはハラール食材もある

ハラール食材とは、イスラム法において合法であるものをいいます。それ以外のものをハラームまたは非ハラールと言います。現在では、イスラム教徒ではなくてもハラール食材を購入する人が増えています。ハラールでは...


重要点