輸入食品のナンバーワン食材はワイン

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食品の中で定番は洋酒です。海外旅行に行ったときに美味しい洋酒を購入してくる人は少なくありません。かつてはウィスキーやブランデーなどが人気ありましたが、最近ではワインの方が人気があります。それぞれの旅行先に産地があり、それを楽しむことも旅行の醍醐味の一つなので、美味しかった一品を持ち帰ってくる人も多いのです。ワインには赤・白、そしてそれぞれに辛口、甘口があるので、好みの一本を探すこともとても楽しいです。しかし、外国から免税で持ちこめるアルコールは760mlを3本までという決まりがあります。そして瓶に詰められたワインを持ち運ぶことはとても重く、また割れることを心配しなければなりません。現在ではあらゆる種類のワインを輸入食品店で購入することができるので、旅行先でお気に入りのワインを見つけて、日本で購入することも可能となりました。

チリワインがおすすめの理由

輸入ワインには基本的に関税がかかっています。しかし、日本とチリの間では2007年に日チリEPAが結ばれていて、一部の食材や商品を輸出入するときにかかる関税が減税されているのです。ワインもその対象となっているので、チリワインは安く購入することができます。2019年の4月には関税がかからなくなる予定なので更に求めやすくなります。チリの気候は日照時間が長く、雨が少ないのでワイン用のブドウを育てるのに適しています。縦に長い土地で、山や海に囲まれているので疫病が侵入しにくいのです。このような条件からチリのワインはフランスやイタリアにも負けない美味しいワインと評判なのです。もともとチリ産のワインは欧州産と比べると安価なので、年々輸入量が増えています。

欧州産のワインも関税撤廃の予定

EUと日本の間でEPAが成立し、食材やそのほかの商品に対しての関税が撤廃または引き下げになることが決まりました。その中にワインも入っているので、今後欧州産の輸入ワインを安く購入することができるのです。フランスやイタリアのワインは、このブランドが好きだという特定のファンも多いので、プレゼントとしてもとても喜ばれます。また、各国で定められた格付けがあるので商品に対する信頼度があります。輸入食品店では様々な国から輸入したワインがあるので、いろいろな国のワインを試して冒険してみるのも面白いと思います。例えばニュージーランドなどのワインも最近では人気が出てきて、輸入食品店で購入できるようになっています。

ピックアップ記事

輸入食品のナンバーワン食材はワイン

食品の中で定番は洋酒です。海外旅行に行ったときに美味しい洋酒を購入してくる人は少なくありません。かつてはウィスキーやブランデーなどが人気ありましたが、最近ではワインの方が人気があります。それぞれの旅行...

輸入食品の食材でスーパーフードは欠かせない

スーパーフードは健康食品としてとても人気があります。元はアメリカやカナダで、健康によい成分が一般食品よりも多く含まれているため、少量でバランスの良い栄養がとれる食品として認識されました。そしてハリウッ...

韓国食材は輸入食品で超人気

最近人気のある輸入食材の一つが韓国の食材です。新大久保は女子高生の聖地と言われるほど大勢いの人が連日詰めかけています。その理由の一つが食べ物で、日本では見たことがなくちょっと変わっているのですが、味は...

輸入食品にはハラール食材もある

ハラール食材とは、イスラム法において合法であるものをいいます。それ以外のものをハラームまたは非ハラールと言います。現在では、イスラム教徒ではなくてもハラール食材を購入する人が増えています。ハラールでは...


特徴