ユニークな食材が多い輸入食品

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、日本ではあらゆる国の食材を手に入れることができます。お肉やお魚などの生鮮輸入食品は、パッケージが特に変化がないので気づきませんが、果物や野菜などは余り見かけないものを見つけると思わず買いたくなってしまいます。生鮮以外のパッケージのデザインは、見ているだけでワクワクしてくるので購入することがとても楽しいものです。以前なら、海外旅行に行ったときや行った人のお土産でしか口にできないものが、最近は普通のスーパーなどに陳列されています。しかも、それほど高くない値段で購入できます。テレビでは輸入食材を使ったレシピを紹介していたりして、お手軽で美味しそうな映像を見ると、より一層購買意欲がわいてきます。

輸入食品は安全か

輸入食品は安全なのかと疑問を持つ人も多いでしょう。国によって食品の衛生管理が違うので、原材料に良くないものが入っているのではないか、食品を加工するときやパッケージに詰めるときの衛生面はどうなっているのだろうかと不安に思う人もいるでしょう。例えば、日本では発生しえないカビなどもあり、それが混入してしまう恐れもあります。しかし、輸入食品は政府によって3重のチェック体制となっています。食品を輸入して販売する場合は厚労省に届け出をしなければなりません。そして一件一件すべて検疫所で審査が行われ、合格したもののみが販売されているのです。民間の販売者も事故が起きないように最新の注意を払って、食品一点ずつ吟味して販売しているところばかりです。

輸入食品はサイズが大きい

現在の日本の食品事情は、お菓子、香辛料、飲料などあらゆる部門で輸入食材があり販売されています。日本とは違った味があったり、すぐに現地の味を再現できるものもあったりととても便利です。食卓のバリエーションも増え、毎日の献立に困っている主婦にとっては大助かりです。しかし、輸入物は基本的にサイズが大きいです。海外は車で買い物に行く文化を持つ国が多いです。対して日本では自転車でお買い物に行く人が多いので、それを一つ買ってしまったばかりに他のものが買えなくなってしまったりします。お仕事帰りの購入も同じで、駅から自宅まで徒歩または自転車という方がほとんどです。そうなるとやはりサイズの大きなものはストレスになります。ところが最近では、インターネットで購入することができるのです。大きなサイズのものやSALE品を数個購入することも可能です。

ピックアップ記事

輸入食品のナンバーワン食材はワイン

食品の中で定番は洋酒です。海外旅行に行ったときに美味しい洋酒を購入してくる人は少なくありません。かつてはウィスキーやブランデーなどが人気ありましたが、最近ではワインの方が人気があります。それぞれの旅行...

輸入食品の食材でスーパーフードは欠かせない

スーパーフードは健康食品としてとても人気があります。元はアメリカやカナダで、健康によい成分が一般食品よりも多く含まれているため、少量でバランスの良い栄養がとれる食品として認識されました。そしてハリウッ...

韓国食材は輸入食品で超人気

最近人気のある輸入食材の一つが韓国の食材です。新大久保は女子高生の聖地と言われるほど大勢いの人が連日詰めかけています。その理由の一つが食べ物で、日本では見たことがなくちょっと変わっているのですが、味は...

輸入食品にはハラール食材もある

ハラール食材とは、イスラム法において合法であるものをいいます。それ以外のものをハラームまたは非ハラールと言います。現在では、イスラム教徒ではなくてもハラール食材を購入する人が増えています。ハラールでは...